読書による自分の想像力と知識の育み

書物には、様々なジャンルの物があります。例えば、専門分野について書かれた技術書やフィクションの物語やノンフィクションの書物があります。
自分が、新しい知識を得たい時には専門の技術書やその分野の入門書を読みます。

それにより新しい事が出来るようになったり、新しい分野について知る事が出来ます。そして、自分自身の成長や達成感に喜びを感じます。
フィクションの物語では、ありそうでない物語から魔法が使える世界について書かれた物語まで、実に様々な物語があります。
このような物語には、著者自身の価値観や想像力に触れることが出来ます。それに触れることにより、新しい物の見方や自分の想像力を育む事が出来ます。

ノンフィクションの書物には、自伝や伝記が多いです。
自伝では、著者自身が体験したこと、伝記では偉人が歩んでいた人生について知る事が出来ます。
自伝を読む事によりその人物についてより深く知り、その人に対する見方が変わります。
伝記を読む事により、偉人のやり遂げた事の偉大さを本当の意味で知る機会を与えてくれます。
読書をする行為は、ただ文字を読むだけでなく、読者に何らかの変化をもたらせます。ぜひ、一度本を読んでみて下さい。